2004年11月01日

イラク邦人事件(2)

Novemberになってはじめのニュースがこれと言うのもなんですが、やっぱり表紙に載っていた。
また、尊い命が1つ失われたと思うと悲しくなる。前回香田さん反主義で書いたが命は命なので香田さんの命をとった人たちがどれだけ残酷なことをしているのか理解していないわけではない。まず、今回の死に方で気がかりなのは星条旗に巻かれていたことだ。これが意味するのは日本はアメリカと同じ立場にあり(その人たちから見た時)標的に入れているから早く撤退しろということだとおもう。確かに日本はアメリカに頼らないとすぐ駄目になってしまい何も残らなくなるかもしれないがイラクの復興はたとえアメリカでもひとつの力ではどうにもならない。だらアメリカのためにではなくイラクのための自衛タ派遣はやらなくてはいけないことだと思う。


posted by 琥珀 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

イラクの石油に対する米国秘密計画がネオコンと巨大石油企業間の政治闘争を惹起
Excerpt: デモクラシー・ナウ!でのBBCテレビの番組放映と、エミー・グッドマンによるグレッグ・パラスト記者インタビュー   2005年3月21日エミー・グッドマン:BBCテレビ、ニューズナイトのための、議論を呼..
Weblog: アラブの声ブログ
Tracked: 2005-05-06 08:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。