2005年05月05日

常任理事国

国際連合の常任理事国になるとその国に拒否権が与えられる。
これをもっているということはそれなりの責任も持たなければいけないということを今の日本は忘れかけてしまっていると思う。確かに日本の技術は、アジア、いや世界の中でもトップレベルのものもあると思うが、現在の治安、外交の中でなったとしても、(-)が大きくなるのではないかと思う。とにかく、もう少し考えてから経堂決議案を提出したほうが、懸命だと思う。
posted by 琥珀 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

常任理事国入りって、外務省の予算取りの材料だったのね
Excerpt: 一昨日、Mainichi INTERACTIVE「ODA:大幅増額めぐり外務省と財務省が綱引き」という記事が出た。 常々「なんで日本は常任理事国なんかになりたいの?」と思ってきたわけだが(関連記..
Weblog: Return of the まにあな日記
Tracked: 2005-05-16 22:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。